夏休みが終わって。

住み慣れた場所を離れるのは、名残惜しい気持ち。 でも新しい場所に、また笑顔を配りに出掛けます。 お引っ越ししますっ。 じゃんっ 新居はこちら http://ameblo.jp/tomoko-fujita/ お近くにお越しの際は是非、ひとこと声かけて下さいませね。 ぶうも、ぶひぶひ言いながら、皆さんのお越しをお待ちしております。 ブログの楽しさを教えてくれたウエブリ…

続きを読む

輝く朝に。

昨日、機種変更してイマイチ使い方が不慣れ私。 取り急ぎ、初ぶうです。

続きを読む

にがにが青物と遭遇。

青物好きな犬、ぶう。 キャベツ、ほうれん草、胡瓜にピーマン、クレソン、小松菜、セロリにレタス。 ほぼ制覇したかと思われましたが、これはさすがに苦いでせう、と未体験でした。 ゴーヤーっ。 どぉーやーっ。 ぼなぺてぃ~ ちなみに完食でした。 好きなのねー青物が、ぶう。

続きを読む

動物病院。

白いフレブルは肌が敏感だとか。 朝、かゆかゆが出来ていたのでひどくなる前に診察に来ました。 暑さが中に入ってもおさまらないぶうです。 前の患者猫ちゃんのおたけびも気にナリるぶうなのデシタ。

続きを読む

夏うまれ。

穏やかな午後。 蒸し暑い中、もやっとしてるのに風で空気が動くのが大好き。 子供の頃は、網戸の下で、畳に座布団を折り曲げて枕にして、ベランダから入る風と、扇風機のぶぉぉぉぉぉん、という音に昼寝をするのが気持ち良かった。 眩しく白く光る外の景色と、日蔭のお座敷の陰影に、どこかのお家の風鈴の音や、高校野球のテレビ中継がたまに聞こえて…。 ぶうの吐息と蝉の聲。彼の部屋からはアコ…

続きを読む

蜜柑ダイスキ。

柑橘系には目がない犬。 爆睡していた筈なのに、みかんを剥き始めた途端っ、鎌首持ち上げ起きました。 大人しく眺めていたので、最後のニ房を一つずつ分けて食べましたとさ。

続きを読む

球体と格闘中ぶう。

拳大の球状のペットボトルと格闘中。 掴みにくいから転がるし、固いから噛めないし。 かなり楽しい玩具に変身。

続きを読む

筒と格闘中ぶう。

ラップとクッキングシートが同時に終了。 芯は重ねられて、ぶうの玩具に転職。 がっつり噛まれておりまする。

続きを読む

なつゅばて。

スコールみたいな雷雨。昼間の暑さを考えると、亜熱帯みたい。 除湿30度でも充分涼しいお部屋にて、すやすやぶひょぶひょひょ。 なんとなく夏バテっぽいフレブルでアリマス。

続きを読む

豆苗と太陽。

豆苗さんです。 太陽に向かって伸びることはわかっています。 昨晩、寝る前に、朝ご飯で食べようと、窓際から、カウンター上に移動しておいたのです。 が! なんて律義なの。 朝日に向かって伸びているではありませぬか! 写真ではわかりにくいかなぁ-。 風になびくように左手の光に向かっている豆苗さん。 夏の朝日を浴びて、大きくなりました。 今朝、…

続きを読む

黒帯でアリマス。

オリンピックに因んでアスリートコスチュームも並んでいたので、むきむきボディのぶうに、柔道着を着せてみました。 なかなか柔な感じであります。 受け身の姿勢が得意です。はい。

続きを読む

セールでしたので。

ピンクのフリルスカート付きワンピースを買いました。 セールだったので。 つい。 お店ではまだ幼犬に間違われました。 結構、ガタイいいんですけどね。 ぶうも夏になれば二歳。 立派な女性です。 ふりふりワンピも着たいお年頃よねー。 あ、ちなみに『渡る世間は鬼ばかり』で着ていたティシャツは、フジテレビ『ウチくる?!』でもご紹介した下北沢の雑貨店ジャムカバーのオリジ…

続きを読む

黒小胴長犬物語。十壱。

今でもこの犬種は珍しいみたいですよね。 ワイアーヘアードのミニチュアダックスフンド。 ジミニーはブラック&タンという色で、全体が黒で、お髭の辺りと眉毛の辺り、後、脚が茶系。 本来は二色が「良い」らしいのですが、ジミニーは、月輪熊みたいに、たくましい胸板の真ん中に、白い毛が。 顔付きが、どうも老け顔。 というか、幼年の頃より、ベテラン顔。 口の周りのお髭の感じや、眉毛の…

続きを読む

元気ボーン。

ご近所の方から、旅のお土産をいただきました。 元気ボーン。 キハダという材質で、骨の形。 「お家でお留守番のワンちゃんのお土産。生薬名はオウバク、樹皮に独特の苦味があり、昔から健胃腸薬として広く愛用されてきました。ワンちゃんの健康の為にも是非どうぞ!!」と書いてあります。 ぶうは、注意深く匂いを嗅いだ後、かなり気に入ってかじりまくってました。

続きを読む

西瓜の季節。

今日はなんだか夏っぽい風がふいてました。 ぶうも旬を丸かじり。 西瓜型玩具できゅうぅぅぅ~ッ。

続きを読む

ぶうとぶた。

頂き物のお菓子を開けたら、ブタちゃんのお饅頭でした。 あまりに可愛いブタちゃんなので写真におさめようとしたら、我が家のぶうが、興味しんしん近づいて参りました。 でも偉いな、ぶうは。 マテ、と言ったら、伏せたまま、ブタちゃんを眺めるだけで、これ以上接近せずポーズっ。 エライッ。 でも当然のことながら、ブタちゃんのお饅頭は私の胃の中に…。 ぶうには犬用ご褒美ボーロを…

続きを読む

黒小胴長犬物語。十

足音のテンポで何をしたいのか、何をしているのか、ばればれなジミニー。 たったか、たったかたっなリズムの時は、お気に入りのぬいぐるみをくわえ、自分のベッドに向っている時。 小さな頃から、同じ種類の熊のぬいぐるみをパートナーにして、いっつもよいしょよいしょ。 まったく同じぬいぐるみを買い続けてる私達もどうかと思いますが、丁度いいサイズなんですよね。最初はジミニーより少し大きいくらいだっ…

続きを読む

嬉しい毎日も更新中。

『渡る世間は鬼ばかり』公式サイト内に『藤田朋子の嬉しい毎日』という私の動画コーナーがあります。 共演の皆様のフランクな、かなりフレンドリーな、テレビ等では見られない素顔が、ここで展開されております。 http://www.tbs.co.jp/oni/tanoshimu/fujita/ 更新は毎週木曜日、ドラマの放送後です。 さて今週は、本間家の愛犬、マルチーズのルルちゃん登場です…

続きを読む

黒小胴長犬物語。九。

犬は、鳴くことでも表現してるんですよね、きっと。 ぶうはほとんど鳴くことはない犬なのですが、ジミニーは正反対。 鳴いて自己主張。 扉に向って全身で「ワンっ」つまり「開けてっ」 動作は前脚で、扉をかしかしかし。 また誰かが遊びに来たら「ワンっ」これは「ちわっ」 ジミニーちゃぁ~んと言われたらまた「わんっわんっ」こちらは「会いたかったんですぅ~」 おやつのしまっ…

続きを読む

それぞれの関心事。

私の祖母の十三回忌があり、先日、親戚が集まりました。 久しぶりに顔を合わせ、おばあちゃんの話やお互いの近況を話したり。 帰り際、手土産の交換会等をしたのですが、それぞれの生活が垣間見れるものでした。 お酒が大好きな伯父ちゃんからは「これを飲んだら悪酔いしないぞ」というウコンの錠剤。 また常々健康に気を使っている伯父ちゃんからは「少しでも繊維質を採った方がいいよ。これは酔わ…

続きを読む

黒小胴長犬物語。八。

どこまで理解出来る脳みそなのか… ワンコは本当にどんな長い文章も理解出来るのかしら。 ジミニー君の場合、単語は完璧。 しかも長い文章でも、返事が出来ないだけで意思の疎通オッケーな感じ。 少し高めの場所に上ろうとしている時や降りようとしている時「じゃんぷ」と言えば飛ぶし、行っては行けない場所に入り込んだりしたら「バックバック」と言えば、胴長をUターンする訳にも行かず、後退する妙技も…

続きを読む

黒小胴長犬物語。七。

他の犬がどうか分かりませんが、ジミニーに関して言えば、ジミニーの傍で「ね、むぅ」 と言うと眠ってしまうのでした。 小さな頃に、膝に乗せて「ねんね、ねんね」と寝かしていた癖なのでしょうか。 催眠術でもかかったように「ね」と発音すると、目がしばっとなり、「む」と言うと、瞼を閉じるのです。 これを繰り返していると、眠くもないのに何故か熟睡体勢に。 「ねえ、む。ねえ…む。ね…む…

続きを読む

黒小胴長犬物語。六。

実家の愛犬ジミニーの場合。 「ジミニー」と呼ぶと、立ち止まって首だけこちらに振り返る。 「なぁんスか」てな顔で。 で、こちらはおいで~みたいなつもりで、も一度「ジミニー」と呼んでも 「用がないんでしょどうせ」みたいな表情でしばらく見つめ、また進行方向に。 猫か、アンタは。ぐらいマイペース。 遊ぼうと玩具を投げても、自分が飽きたら見向きもせずにベッドへすたすた。 可愛げが…

続きを読む

生キャラメル。

んまっ! んまいとは聞いてましたが、これほどまでとはぁっ。 北海道はバンビ印の生キャラメル。 ホワイトチョコで生キャラメルを包みました。と箱の表に書いてあります。 一口サイズの白い包みを開いて口に放り込むと、周りのホワイトチョコがふわっと溶けて、生キャラメルが舌に触れる。と、キャラメルなんだけど、ヌガーより、水飴に近い軟らかさでとろけて…とろけて… んまっ あ! …

続きを読む

黒小胴長犬物語。五。

ジミニーを、父がお祭りに連れて行った時のことです。 境内を歩いていると、後ろで「ぎゃっ」と男性の叫び声。 びっくりした父が振り向くと、縁日で買った焼きそばを食べながら歩いていた青年が、器を見ながら驚いていたそうです。 夜の闇の中に黒いワンコ。 しかも父は、人ごみだったので、肩にジミニーを乗せて歩いていたそうです。胸に胴体、首から上は父の肩越し。顔は後ろを向いた状態でありました…

続きを読む

黒小胴長犬物語。四。

実は、愛犬ジミニーは、取材やテレビ出演も数々こなしてきました。 最初に出たのは、TBSの『オールスター感謝祭』 犬のレースがあり、そこに生島ヒロシさん、瀬川英子さん等のわんちゃん達と共に参加したのでした。 選手入場の時から、スタジオ中に声が響き渡る程の吠え方で、がっしりしたダックス特有の胸板と声のでかさが「元気」と思われ、なんと一番人気。 いやぁ、吠える犬はびびってい…

続きを読む

緑の好物。

前回のライブで、ぶうにもおやつの差し入れを頂いたのですが、そのおやつが、かなりんまんまらしく、ぶうの最近の好物であります。 グリニーズという緑色のデンタルケア・ガムであります。 粗タンパク質52.0%以下、粗脂肪4.0%以下、粗繊維1.5%以下、粗灰分6.0%以下、水分15.0%以下、代謝エネルギー90カロリー だあいすきなおやつ。 ゆっくり食べたいのか、隠す場所を思案中の…

続きを読む